« 2015年5月 | トップページ

2015年6月

2015年6月26日 (金)

このはな音楽祭いよいよ消滅

 4年前このはな音楽祭のために会場を貸さないとした現在の東浦町長と直接話し合いの場を持ちましたが「貴方には貸さない」という姿勢は変わりませんでした。そのときの回答文書を持ってオンブズマンに相談した結果「この人たちに関わってはいけません」という助言でした。弁護士に言わせると「貴方の金と時間を無駄にしてはいけない」ということでした。
 それから4年、7月28日に町長選が告示されるということです。先日立候補者に対する説明会がありました、地元紙によると現職と候補者未定の陣営が参加したということです。これはほとんど無投票の可能性大ということです。
 これはこのはな音楽祭の再開は無いということです。残念ながら今の町政と同じように市民の関心を頂くことには成功しなかったということです。
 今後は他の地域でこのはな音楽祭のコンセプトを練り直し再出発することを考えます。隣の知多市では市民のオーケストラを作るという構想が紹介されていました。東海市では芸術劇場がその全貌を明らかにし始めました。新しいムーブメントが起きるのでしょうか。このはな音楽祭もいつまでも休眠してはいられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 2日 (火)

アダージョ・ヘルマン

 5月28日は宗次ホールでヘルマン・メニングハウスのヴィオラを聴きました。シューベルトのアルペジオーネソナタをメインにアダージョのタイトルが示すようにゆったりとした小曲が9曲でした。何よりもこの奏者セガ高い(200cm)ピアノの諸田由里子さんが彼の肩まで届かない。大人と子供の共演といった感じです。演奏後楽器のことを尋ねたらアメリカ製の43cmの新作ということでした、そりゃそうでしょう大きなビオラをたっぷり鳴らせますよね。音色を聴かせるとなればこのようなプログラムがぴったりでしょう。たっぷり楽しみました。ドイツのオケの首席奏者ということですが、後ろに座る人は立って弾かねばならない?などと心配してしまいます。アンコールはパラディスのシシリエンヌ、シューベルトのリタニ(連弾)の2曲。ビオラッシモです。プログラムにサインをいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ