« 辛夷(コブシ)をきかせるのは演歌だけれど | トップページ | エイプリルフールの演奏会 »

2015年3月28日 (土)

舞台で感じる喜びは2つしかない。

 舞台で感じる喜びは2つしかない、それは音楽の喜びを感じることと、自分が出来なかったことができるようになる喜びの2つだ。舞台に上ったら先生もお母さんも助けてはくれない、自分で決めるしかない、そう考えて練習しよう。
 素敵な言葉だと思いませんか、27日自宅の近くにあるスタジオ?に今話題のチェリスト中木健二さんのレッスンがありました。聴講してきました。上記の言葉は小学校5年生のチェリストにかけられた言葉です。中木さんのレッスンはまずその声のよさに驚きます。オペラのレッスンのようです、以前FM番組リサイタルノヴァで声を聴きましたが生の声は聴き取りやすくテナーの歌手のようです。クレッシェンドをイタリアの人たちは「まだ大きくない」と解釈している。などと私たちにとって非常に参考になることを聞きました。音楽の聞き方を学ぶ良い機会です。マネジメントはプランデール音楽事務所。若い人の頑張りを見ることは楽しみが大きい。

|

« 辛夷(コブシ)をきかせるのは演歌だけれど | トップページ | エイプリルフールの演奏会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311128/59432242

この記事へのトラックバック一覧です: 舞台で感じる喜びは2つしかない。:

« 辛夷(コブシ)をきかせるのは演歌だけれど | トップページ | エイプリルフールの演奏会 »