« 松阪城址の粋 | トップページ | 博多のデパ地下で見たパフォーマンス »

2014年12月31日 (水)

鮒に始まり鮒に終わる(オーディオ編)

 鮒に始まり・・・・・は道楽の始まりと終わりには同じものが待っているということで有名な言葉ですが、私のオーディオも全くその通りになりました。現在のシステムは週刊誌を折り曲げたような大きさのスピーカー、A3とA4の中間ぐらいの面積を持つ総合アンプ(レシーバー)です、このアンプにはCDプレーヤー、MDプレーヤーが内蔵され、レコードプレーヤーがつなげます。50年前はステレオが黎明期にあり、産業としてのピークをまもなく迎えました。当時、私の目標はパイオニアの16センチスピーカーPM16とトリオの総合アンプTW200を手に入れることでした。高校生の最後の年でした。学生時代には大学の帰り道、オーディオショップに寄り道して、下取り品などを見て廻ったものです。社会人になっては憧れを手にするべく、多くのコンポを取り替えました。ロジャースのPM510、パイオニアのエクスクルーシブなどのにも手を出しました。今手元にあるものはテクニクスの最上級のターンテーブルだけでしょうか。
 マランツの最上級のCDプレーヤー、コンデンサーを全て取り替えた高価なアンプもケンウッドの超弩級のFMチューナーは今はありません。結局振動に負担が少ない小口径のスピーカー、信号が最短距離で走る小型総合アンプに行き着きました。とどのつまりオーディオは音源がよければほどほどの装置で間に合うということです。今ではレコード、CDではなくYOUTUBEやナクソスのような音楽配信です。どんなに高性能なものでも音源以上の音は出せないという当たり前のことが人生の大半を費やした道楽から教わったことでした。シンプルイズベストというのでしょうか、このミニコンのようなものが私にとって鮒だったのです。27日のブログに写真を掲載。

|

« 松阪城址の粋 | トップページ | 博多のデパ地下で見たパフォーマンス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311128/58430685

この記事へのトラックバック一覧です: 鮒に始まり鮒に終わる(オーディオ編):

« 松阪城址の粋 | トップページ | 博多のデパ地下で見たパフォーマンス »