« オホーツク大地の神社 | トップページ | コミタスカルテットを聴きました »

2014年11月28日 (金)

シューマンカルテットを聴きました

 11月27日はシューマンカルテットを聴きました。プログラムはモーツァルトの#21、ショスタコービッチ#1そしてベートーヴェンの#14です。最初に驚いたのはお行儀の良い座り方をしていたことです。ビオラの女性は両足を揃えて座っていました。私はあのような座り方では弾けません。スポーツと同じで肩幅ぐらいには置かないと下半身が安定しないと思うのです。でもとても安定した美音を出していました。演奏後本人にビオラのサイズを聴いたら胴が424mmと大き目のものでした。姿勢は慣れですね。4人が使う楽器はそれぞれ名器なようでとても豊かな音色でした。いい音はそれだけで幸せを感じさせるものです。男性3人は兄弟だそうです。そして母親が日本人ですか、日本語がいけます。ベートーヴェンの曲を引き終わった後ブラボーの声に応えてのアンコールはハイドンのOp76-5からラルゴです。日本語での紹介ですがこの選曲はブラボー!です。コレには多くの賛同を得たようです。ひときわ大きな拍手に親指を立ててから演奏に入りました。客席と繋がった瞬間でした。
 以前ウィーンフィルがドイツでベートーヴェンのエロイカを弾いた後で美しき青きドナウをアンコールで弾いたら客の1/3が静に立ち去ったということです。ドイツの分かった客はこのアンコールを拒否したのです。日本なら本場モノとして大受けになるのでしょうか。シューマンカルテットは聴いた後がなんとも幸せになりました。

|

« オホーツク大地の神社 | トップページ | コミタスカルテットを聴きました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311128/58119606

この記事へのトラックバック一覧です: シューマンカルテットを聴きました:

« オホーツク大地の神社 | トップページ | コミタスカルテットを聴きました »