« ANAのサービス | トップページ | シーズンオフは本気で »

2014年11月22日 (土)

檻つきの二重窓 網走から

019
 網走といえば博物館網走監獄です。小雨昼どきに訪問しました。小さな部屋に取り付けられた窓の写真です、この部屋の住人は普段どんな音を聞いていたのでしょう。廊下に置かれたストーブが寒さを倍加しているようです。シーズンオフなので見学者は数人でした。門前にある食堂では刑務所食を提供していました。秋刀魚、切り干し大根、味噌汁、麦の入ったご飯です。なぜか懐かしいものでした、昭和20年代前半生まれの私の世代では戦後の食糧難の味です。でも間違いなく地産地消といえるものでそれなりに贅沢なものでした。

|

« ANAのサービス | トップページ | シーズンオフは本気で »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311128/58056805

この記事へのトラックバック一覧です: 檻つきの二重窓 網走から:

« ANAのサービス | トップページ | シーズンオフは本気で »