« コーロドマーニ35周年演奏会 | トップページ | ミルクショップ知多農場緑陰コンサート »

2014年7月 6日 (日)

大府市文化交流の杜音楽ホール杮落とし(竹澤恭子リサイタル)

 7月5日午後から大府市内にオープンしたALLOBU(文化交流の杜)の音楽ホールの杮落として地元大府出身の竹澤恭子のリサイタルがありました。6月中ごろ入場券の発売がありました。即日完売ということでした。今回はピアノにイタマールゴランの協演です。会場は315人収容の室内楽向けの規模です。したがってソルドアウトは当然ということでしょう。ピアノはスタインウェイD274という最高級のものが入りました。
 この施設はPFIという民間に施設の設置と運営を任せてしまうという方法をとった市内では最初の施設です。県内でも例は少ないようです。
 さて、演奏ですが悪かろうはずも無く、皆さん満足された様子でした。
ただ私はここで指摘しておきたいことがあります。次回ホール主催の演奏会はピアノの仲道郁代さんが9月に演奏するというのです。採算が取れるのかということだけではありません、問題は300人が入場できてそれと同数、あるいはそれ以上の人が入場券を買えないことです。市内には800席の勤労文化会館があります。そして赤字補填に公費が追加されるようなことになったら、入場料を買えなかった人にどう説明するのでしょうか。
 帰るとき、責任者という方に赤字ではないですか?と聞いたら、契約を取る為にこちらから提案したことを粛々と行うだけです。との答えでした。でも5年後に黒字化するあてはありません。第3セクターの失敗を公費で清算する例があちこちで見られます。この文化交流の杜は100億以上の資金を投入した施設です。(図書館は9時から20時まで営業、スタッフは総勢27名だそうです)そしてそれとは別にホールの運営に別組織があります。そしてイタリアンレストランもあります。勤労文化会館を意識した適切な経営をお願いしたいものです。
 

|

« コーロドマーニ35周年演奏会 | トップページ | ミルクショップ知多農場緑陰コンサート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311128/56713381

この記事へのトラックバック一覧です: 大府市文化交流の杜音楽ホール杮落とし(竹澤恭子リサイタル):

« コーロドマーニ35周年演奏会 | トップページ | ミルクショップ知多農場緑陰コンサート »