« アンドレア・バッケッティ ピアノリサイタル | トップページ | カミキリムシの訪問 »

2014年7月26日 (土)

夏の眠れない夜はバッハのゴルドベルグ変奏曲

 梅雨明けの10日間が暑いそうです。そう寝られませんね、こんなときこそゴルドベルグ変奏曲です。26日は宗次ホールで弦楽三重奏版を聴きました(10日前はピアノ版)荻原尚子、村上淳一郎、山崎伸子の3人です。プログラムは最初に無伴奏チェロ組曲第5番、続いてモーツァルトのVn,Vaの二重奏曲K424です。荻原さんはまぶしいほどの真赤な衣装です、スタンダールの小説”赤と黒”を思いながら聴いてしまいました。2人ともケルンWDRのコンマス(ミストレス)とヴィオラの首席です。先にバッケッティを聴いた後「ゴルドベルグ変奏曲を聴こう」塚谷水無子著、音楽の友社刊を読んで聴きました。面白いのはクオドリベットが最後の前に弾かれる事です。これは違う曲を同時に弾くので、例えば熊本の「アンタガタドコサ」「ショッショッショジョジ」を同時にあわせることです。それなら演奏会の打ち上げに。こんな余興も面白いと思います。変奏曲を含め32曲を50分で弾き終わりました。終りに近づくにつれ、ああもうお終いか、という思いが湧いてきます。
眠れぬ夜のために作られた曲ですが寝ることはもったいなく思える曲が、これほど人を虜にするなどとはバッハも考えたでしょうか。
 それにしても帰り道の暑さはなんということでしょう。

|

« アンドレア・バッケッティ ピアノリサイタル | トップページ | カミキリムシの訪問 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311128/56906742

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の眠れない夜はバッハのゴルドベルグ変奏曲:

« アンドレア・バッケッティ ピアノリサイタル | トップページ | カミキリムシの訪問 »