« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月27日 (火)

ココット弦楽四重奏団演奏会・名古屋モーツァルト協会例会

 ココットの名前はフランス語の鍋だそうです。そう、素材をぐつぐつ煮込んで一つの味を作るのだそうです。とはいってもメンバーはキャリア十分の若手です、Vn,Vn,Vaのメンバーは3月に岡崎で開かれた今井信子、原田禎夫氏の公開レッスンを受けています、その前年にはヴィオラスペースでヒンデミットの四重奏を披露しています。そして主要メンバーは2年前、宗次ホールのコンクールで1位をとっているのです。(そのときはカルテット・アトムという名称でしたがVa奏者がドイツへ留学を決めたことでこの名は休止、新しい奏者を加えて活動を再開)演奏会の回数もこなしているようです。
 演奏の内容は技術的な面では高いレベルで安心して聞くことが出来ます。4人が、合わせようとして聴き合うことから起きる重たさ、や停滞感は微塵も感じず実に流れが良い。と折り紙をつけられます。充分な練習と技量が備わった演奏です。1stVnは冷静な奏者というよりは気持ちの暴走族のような弾きかた。チェロはクール。見てても面白い。今後定着して名古屋のカルテットになって欲しいものだと期待が膨らみます。曲はモーツァルトのK156、458”狩”間にハイドンの74番”騎士”アンコールはアベ・ベルム・コルプス。26日夜、電気文化会館コンサートホール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

名古屋市民管弦楽団第71回演奏会を聴きました

 名古屋市民管弦楽団を愛知県芸文センターで聴きました。指揮者は今若手の田中祐子さんです。パンツに燕尾服が似合ういわゆるキュートな感じの人です。そのせいなのでしょうか1800席は満席が予想され当日券の販売は札止めです。私は招待券があったのでかろうじて3階のロビー席にたどり付きました。演奏はもうチョッと練習したかった部分があったような感じの部分がありましたが、そこは老舗オケ上手く流していました。指揮者の棒はタタキというよりは跳ね上げという方が相応しいような感じです。アウフタクトとはまさにこのような振り方になるのだろうかという感じです。棒の動きはとても滑らかです。これをナイーブというのでしょうか。正直な指揮者という感じでした。プログラムはシュトラウスのドン・ファン、チャイコフスキーの白鳥湖、ドヴォルザークの新世界。5月17日午後5時半から芸文コンサートホール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

関西弦楽器製作者協会展示会に出かけました

030
 第6回を数える展示会は昨年同様大阪市中央公会堂で開かれました。ゴールデンウイーク中なので往復電車の指定席券は事前に取っておいて正解でした。写真は5日午後1時に開かれたソリスト、この場合はヴィオリスタ。そう、今年のテーマはヴィオラです。このイベントではこのソリストが会場から5本のヴィオラを選び出し演奏をするというものです。目の前で弾くというのは興味あるものです。確かに5本が違うように聞こえましたが果たしてどれが好みなのか迷います。価格も違います。昔JTが専売公社の時代、タバコの吸い当て競争というのがイベントの花だった時代がありました。でも公社の偉い人に言わせると「やりたくなかった」というのです。その理由は正答率が低いと高価なタバコが売れなくなるというのです。なるほど。と思ったものです。だから楽器も懐と相談となるのは仕方の無いところです。それなりの違いに納得できるのがこの企画の目的でしょう。結局のところそれなりの技術がないと・・・ということですね。名器はあっても魔法の楽器は無いということです。写真のヴィオリスタは丸山韶さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

ジャズボート(大阪の祭り)

033

 5月5日は大阪市中央公会堂で開かれた 第6回関西弦楽器製作者協会展示会に出かけました。 名前は関西ですが関東、東北からの参加者も目立ちます。そして結構イタリアへ勉強に出かけて修行している人が目立ちます。と、それは次回書くとして、写真は道頓堀で見かけたジャズボートです。小雨の中でしたが愉しい演出です。この日は中ノ島まつりと重なり多くの人出がありました。音楽が街にあふれる感じがいいですね、やっぱりここはデキシージャズが似合います。ラ・フォル・ジュルネはクラシックをねたに東京が会場ですが、大阪はこれで盛り上がるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月10日 (土)

メーデイ(5月1日、又は救助信号)

 5月1日はメーデイです、しかし我が家には労働者はいません。その代わり救助信号のメーデイはありました。朝から家中の家電がおかしいのです。パソコンはログインが出来なくなりました。予備のワード専用のノート型も起動音だけで初期画面すら出てきません。自慢のオーディオのチューナーはステレオに切り替わりません。家中が呪いに憑かれたみたいです。詳しい友人に聞きましたが分からないとの事。結局翌日にショップに持ち込みました。連休前なので明けまで時間が欲しいということでした。3日になるとオーディオのチューナーはステレオ受信をしています。あれは何だったのか?ということですがパソコンは駄目のままです。知人は過電流と違うか?ということですが。?という私。そして10日ショップから復旧したとの連絡がありました。とどのつまり修繕費だけが出て行ったということでした。ワード専用のXPノート型が予定通り使えなくなりました。この連休こそは「誰か助けてー!」そう緊急信号メーデイ・メーデイ、という日々でした。皆さん気をつけようがありますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »