« 映画 25年目のカルテット | トップページ | メーデイ(5月1日、又は救助信号) »

2014年4月29日 (火)

名古屋アマデウス室内管弦楽団を聴きました

 27日は名古屋市内しらかわホールでアマデウス室内合奏団の第6回演奏会を聴きました。昨年初めて聴いたとき、その質に高さに驚いたものでした。それで今回も出かけたというわけです。期待を裏切ることはありません。開場の時間にはすでに100人以上の行列が出来ていました。
 このオケのいいところはアンサンブルの精度が高いということです。アマチュアプレイヤーは多くの場合、楽譜の音を追う事に熱中してピッチが合うということが後回しにされる傾向があるようです。それは個人の技量、経験の差から来るもので一緒に弾く楽しみが優先されるアマオケの存在価値が否定されるものではありません。
 アマデウスオケは他に演奏活動をしながらハイドン、モーツァルトの全曲演奏を目指して集まったオケなのです。年1回の演奏会です。ここに目線の高さ、技量の確かさを想像できるのです。そしてプログラムにはトレーナーの紹介がありました。彼らが目指すものが分かります。その結果全体の響きが非常に引き締まって聞こえるのです。今回のプログラムは各パートのソロが際立ったものでした。
 私が地元のオケでどこがいいと聞かれれば第一にこのオケを勧めます。来年はモーツァルトの協奏交響曲K364です。多分ソリストは客演ではなく自前でしょう。楽しみです。名古屋のトップランナーの折り紙をつけます。
 プログラムは、コシファントゥッテ序曲、交響曲#31ホルン信号、セレナータ・ノットゥルナ、交響曲#35ハフナー。指揮中村暢宏 アンコールはレ・プチ・リエン

 

|

« 映画 25年目のカルテット | トップページ | メーデイ(5月1日、又は救助信号) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311128/55981991

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋アマデウス室内管弦楽団を聴きました:

« 映画 25年目のカルテット | トップページ | メーデイ(5月1日、又は救助信号) »