« 全音符(亀の甲羅) | トップページ | バッハ/ゴルドベルグ変奏曲・弦楽トリオ版 »

2014年3月22日 (土)

今井信子、原田禎夫によるVa,Vc室内楽公開レッスン

 21日に岡崎シビックセンターで開かれるバッハ/ゴルドベルグ変奏曲・弦楽トリオ版のプログラムに先立って室内楽の公開レッスンがありました。昨年もズッカーマンの演奏に先立ってのレッスンがありましたが今年は受講生のレベルが格段に向上しました。
まずチェロですが下島さんという高校1年生の小柄な女生徒です。なんと曲はエルガーのコンチェルトです。良く弾けてます。そして何よりも表情がいい。樹神さんという修士課程1年のビオラコンチェルトはウォルトンです。そして弦楽トリオ(Vn・Vn・Va)はコダーイを取り上げたすでに実績のある平光(カルテット・アトム)久米、新谷(カルテット・アトムでは2Vnでしたが今回はVa)です。カルテットアトムのメンバーは以前の宗次ホールのコンクールで勝者となっているのでもちろん原田先生とは顔なじみ。合わせて昨年のビオラスペースでヒンデミットのカルテットを弾いているので今井先生とも顔なじみ。という事は。そう、真剣勝負です。で、レッスンの結果どう変ったのか。一言で乱暴に表現すれば音楽が平面的に聞こえていたものが、立体的になったということです。ウーン、音楽の作り方は難しいし、可能性が幾通りもあるということが分かりました。来年もあるといいですね。最後に先生に対して質問にも応えていただきました。私の後ろにいた学生風の女性が今井先生に駒と弓との距離について尋ねていました。指板に近いと楽に音が出せるけれど、それはそばなりになる。弓は脱力が大切ということでした。

|

« 全音符(亀の甲羅) | トップページ | バッハ/ゴルドベルグ変奏曲・弦楽トリオ版 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311128/55465593

この記事へのトラックバック一覧です: 今井信子、原田禎夫によるVa,Vc室内楽公開レッスン:

« 全音符(亀の甲羅) | トップページ | バッハ/ゴルドベルグ変奏曲・弦楽トリオ版 »