« お伊勢さん詣り | トップページ | 篳篥を始めるの記 »

2014年3月 1日 (土)

GOLDEN KLANGE ウィーン楽友協会誌

Dscn0143
 先日宗次ホールで大変興味ある図書を手に入れました。楽友協会ホールの歴史を現した251ページに及ぶ記念誌です。このホールで初演された作曲者、曲目、初演日時が網羅されています。ブレンデル、ジュリーニ、ハルノンクール、ノーマンの対談。ホールを彩った演奏家の書簡、サインなどが満載です。ウーン歴史とはこうして作られるのかと唸ってしまいます。全編ドイツ語なのですが辞書を片手に○○の手習い。
 実はこの本、宗次ホールの受付階段下にあるチャリティーコーナーで見つけたものです。不要になった本、CD等をこの場所へ提供していただいたものを、いくらかのお金を出して(募金箱)入手するものです。私はこれを1000円で入手しました。(安すぎ?)ネットオークションだと万金になるかもしれません。もちろん手放せません。
 宗次ホールにお出かけの折には是非こちらも注目してください。弦楽器雑誌サラサーテ。レッスンの友、ストリングスなどの月刊誌が超格安で入手できるかもしれません。また意外にもビジネス書もあります。

|

« お伊勢さん詣り | トップページ | 篳篥を始めるの記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311128/55188202

この記事へのトラックバック一覧です: GOLDEN KLANGE ウィーン楽友協会誌:

« お伊勢さん詣り | トップページ | 篳篥を始めるの記 »