« エラ・フィッツジェラルドの借り | トップページ | お伊勢さん詣り »

2014年2月16日 (日)

黒木華さんのこと

 今月始め山田洋次監督の小さないえを鑑賞しました。家政婦役の黒木華という女優を初めて知りました。東北から出てきたお手伝いさん役で、田舎の純朴さ、おぼこさを秘めた良い役者だと思いました。初めての出会いとは新鮮です。そこで比べても仕方ないのですが、松たか子他の役者に新鮮味はありません。林正蔵にいたっては「あれ、何でここにいるの?」と思ってしまいます、吉岡秀隆が長髪で登場したときには徴兵検査を済ませたなどとは思えませんでした。映画の内容より役者が先に立ってしまうのだろうと推測してしまうのです。松竹という映画会社の方針なのでしょう、こうして観客動員を果たすのですね。これは映画の配給システムにも関係することなのでしょう。役になりきる、俳優で居続けることの難しさでしょうか。
 昔、黒澤明監督が無名の仲代達也を通行人で起用したとき、何度でもNGを出したことはいまだに語り草になっている。一人の役者を育てるのにどれほどのエネルギーを要するのだろう。いま映画会社がそのことに思いをいたさなければならないような気がするのです。いつまでも脇役を豪華メンバーで固めてしまう山田組では先が持たない。

|

« エラ・フィッツジェラルドの借り | トップページ | お伊勢さん詣り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311128/55014674

この記事へのトラックバック一覧です: 黒木華さんのこと:

« エラ・フィッツジェラルドの借り | トップページ | お伊勢さん詣り »