« エリザ・スコラベッツアからの便り(レナト氏の元気な姿) | トップページ | 鈴木大介さんのギターコンサート(大府市トークライブ) »

2013年9月12日 (木)

カルテット・ブオーノを聴きました

 11日宗次ホールでのランチタイムコンサートに出かけました。プログラムは名曲の良いとこどりで、有名な曲の1楽章ずつを取り上げて聴かせてくれました。つまり饅頭の餡子部分をコシアン、ツブアン、シロアン・・・・・という具合です。有名な曲ばかりなので、ある部分度胸のいるプログラムといえます。5曲の内1曲はコントラバスが加わった5重奏です。ドボルザークの作品77を持ってきました。他にハイドン、ボロディン、ドビュッシー、ブラームスが並びアンコールはアメリカの第4楽章でした。メンバーは柴田悠美子、簗瀬彩、田中文恵、高木良、酒井敬彰、それぞれが若さある演奏でした。
 地元若手の応援団を自任する私としては先月のコンサートでピアノを披露した松浦弥奈子さんにも触れておかなければなりません、オールショパンの曲でしたが、若い人がfffに向かうところがこのピアニストはppにも意識が向かうようで、ごく薄いピアノの音色が印象に残りました現在チューリッヒを中心に活動を続けているそうです。期待の若手といえるでしょう。

|

« エリザ・スコラベッツアからの便り(レナト氏の元気な姿) | トップページ | 鈴木大介さんのギターコンサート(大府市トークライブ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311128/53231863

この記事へのトラックバック一覧です: カルテット・ブオーノを聴きました:

« エリザ・スコラベッツアからの便り(レナト氏の元気な姿) | トップページ | 鈴木大介さんのギターコンサート(大府市トークライブ) »