« 千鳥足のLPレコード テラークの挑戦状 | トップページ | FMチューナーの話 »

2013年5月 4日 (土)

休日はレコードの洗濯

Dscn0041
 連休中はどこも車の渋滞です。普段休みに恵まれている者はこのようなときこそ自宅で仕事です。私の場合はレコードの水洗いです。LPはこんなに音が良かったかしら?と思うことしきりです。写真にあるのは私のセカンドシステムです。アンプはケンウッドのR-K700というものです。(CDの回転系に弱点があるので鉛板で重しにしています、)シスコン用ながらPHONO端子を備え驚くべき実力機です。スピーカーはテシマル、プレーヤーはヤマハのYP700、これにテープデッキです。この手軽さはメインのシステムを遠ざけているようです。これにはリモコンがあるのです。
 LPは台所で洗剤を含んだ水で洗います。溝に沿ってゴシゴシ遣ります。日陰干しのあと聴くと結構いけるのです。30年もたつとカビも生まれるのでしょうか。CDの便利さには及ばないけれど、LPはやはり音色が豊かだと思うのです。デジタルは分かるのだけれど、落語にある”目黒の秋刀魚”のような気がするのです。家来が殿さまを案じることで焼き魚を洗ってしまい、焦げも皮も取ってしまい、うまみも、香りも失ってしまうというものです。どうも音と、聞き手の間に変調、復調などのプロセスが複雑すぎて香りのようなものが消えてしまうのですね。当分LPの再評価が我が家のトレンドになりそうです。

|

« 千鳥足のLPレコード テラークの挑戦状 | トップページ | FMチューナーの話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311128/51486073

この記事へのトラックバック一覧です: 休日はレコードの洗濯:

« 千鳥足のLPレコード テラークの挑戦状 | トップページ | FMチューナーの話 »