« 休日はレコードの洗濯 | トップページ | 野原みどりピアノリサイタル 大府市トークライブ »

2013年5月 9日 (木)

FMチューナーの話

 実は我が家にはテレビを見られる環境がありません。私の一日のサイクルのなかでTVを見る時間というのは無いのです。朝から寝るまでの間はもっぱらラジオです。TVは見る間は手をとられてしまうので、これが我慢できないのです。ラジオは空想の時間です。最近ではNHKのキャスターの名が自然に出てくるようになりました。FMは私の選り好みを無視して珍しい曲に引き合せてくれます。これだけ近い存在になると考えることはただ一つ、いい音で聴きたい。ということです。私のシステムは悪いものではないけれど別次元の音があったら聴いてみたいと思うのは当然でしょう。ということで、この度約30年前に当時30万円という価格で出たFMチューナーを入手しました。
 これがいいのです。楽器の音の密度が上がって、音場空間が広がるのです。臨場感というのですね。圧倒的にいいのです。N響の中継放送がありますが、今から楽しみです。ちなみに機種の名を上げておきます。ケンウッドL-02Tというものです。ヤフオクなら10万少々で入手可能のようです。30年もたっているので修理暦の分かっているものが狙い目のように思います。それからアンテナは奮発してください、どんなエコカーでも灯油では走らないのと同じです。テレビを見られない者の僻みとお笑いください。

|

« 休日はレコードの洗濯 | トップページ | 野原みどりピアノリサイタル 大府市トークライブ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311128/51558453

この記事へのトラックバック一覧です: FMチューナーの話:

« 休日はレコードの洗濯 | トップページ | 野原みどりピアノリサイタル 大府市トークライブ »