« ビオラスペース2013名古屋 | トップページ | ブランチコンサート、フルートとパイプオルガンのコンサート »

2013年5月27日 (月)

LPの復権

 先日立ち読みをしていたら、老舗のレコードレーベルでLPを発売するというPR記事がありました。(音友社・レコード芸術、そういえばこの名前はいつまで続くのだろう、正しくはCD芸術?)かつて名盤の評価の高かった演奏と、曲ですが、価格が1枚5800円というものです。
もちろん、CD用に編集しなおしたものを(リミックス)使ってカッティングするので、当然音質の改善は進んでいるのでしょう。
 しかし!私はリサイクルショップで100円以下で入手してますけど?。当然選ぶことは出来ませんが、かといってそれだけの新譜も無いのです。という訳で私のアナログ志向はますます強くなりそうです。LPファンが広がることを願っています。皆さんLPを聴きましょう。需要が先細りでプレーヤーの針の値段が上がる一方です。再評価を進めましょう。庶民の手にとりもどしましょう。
 思えばLPのジャケットは小さな美術館でもありました、名画シリーズ、名城シリーズなど楽しめたものです。

|

« ビオラスペース2013名古屋 | トップページ | ブランチコンサート、フルートとパイプオルガンのコンサート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311128/51799850

この記事へのトラックバック一覧です: LPの復権:

« ビオラスペース2013名古屋 | トップページ | ブランチコンサート、フルートとパイプオルガンのコンサート »