« ウィハン弦楽四重奏団 | トップページ | ビオラスペース2013名古屋 »

2013年5月22日 (水)

名古屋市民管弦楽団第69回演奏会

 5月19日午後名古屋市民管弦楽団演奏会に出かけました。愛知県芸術文化センター。この団体は名古屋の老舗中の老舗、多くの団員を抱える伝統を誇る団体です。今回は武満徹オーケストラのための波の盆、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲、プロコフィエフの第5交響曲です。舞台を見て最初に見たのは対向配列です。いまなにやら流行のように思われますが、70年代の録音風景写真を見ると結構この配列でやっているのが分かります。(例えば1972年録音ドボルジャーク交響曲全集クーベリック/ベルリンフィル、イエスキリスト教会での写真)武満作品はこの配列でした。しかし、舞台の奥はまばらになって効果については良く分からないなあ、という具合でした。チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲も基本は変りません。ただソロがチュッティに埋もれるようなときがありやや不満が残ります。
 演奏は老舗に相応しいものでしたがただ1つ管楽器群のもう一頑張りが欲しかった、というものでした、特にフルートなどが全体に音量が大きすぎるように思いました。Pの表現に磨きをかけたいものです。指揮者との練習が充分だったのかな?と思う瞬間もあって、チョッと過渡期?という不満も残りました。次回はブルックナーの第8番だそうです。大曲です。指揮田中良和、Vn独奏高木和弘、3回席右翼で視聴。

|

« ウィハン弦楽四重奏団 | トップページ | ビオラスペース2013名古屋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311128/51735931

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋市民管弦楽団第69回演奏会:

« ウィハン弦楽四重奏団 | トップページ | ビオラスペース2013名古屋 »