« ドレスデンフィル弦楽三重奏団発売開始です。 | トップページ | 弦楽器製作者協会の西、東 »

2013年4月22日 (月)

関西弦楽器製作者協会展示会(第5回)に出かけました

Dscn0035
 関西の弦楽器製作者による展示会があったので出かけました。(21日大阪市公会堂)
入場無料でした。名古屋からは近鉄のアーバンライナー(金券ショップで株主優待券を購入)昼食は吉野家の牛丼、夜は王将の中華丼という究極のチープな日帰りです。40人弱の出品者は全て邦人です。11月に東京で開かれる弦楽器フェアとは大きく異なります。東京のフェアはまるでウインブルドンだ!という感想がこの場で良く分かります。してみるとこれを興した岩井孝夫さんは偉い!と私は深く思うのです。なにわ魂でしょうか。
 一番の興味を持つ作家は今回未出展でした。しかしとても元気な作家もいました。写真で紹介するのは やち陽子さんです。事前にネットで見るとカルテットに関心が高いようでやる気満々というところです。とても精力的で話を聴く機会を最も作りにくい忙しい人でした。ミニコンサートのMCも務めていました。左に見えるビオラは43センチのものでいい音が出ました、棹の太さがいいのか弾きにくさを感じさせません。
 総じて男性作家が草食系な中、彼女のようなギラギラした(本人はキラキラといって欲しいのですが)眼を持つ人がこういう世界では成功するのではないでしょうか。いま彼女はいろいろなチャレンジの最中です、彼女のスタイルが出来上がるタイミングでカルテットを発注したくなる誘惑に駆られます。要注目。

|

« ドレスデンフィル弦楽三重奏団発売開始です。 | トップページ | 弦楽器製作者協会の西、東 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311128/51327958

この記事へのトラックバック一覧です: 関西弦楽器製作者協会展示会(第5回)に出かけました:

« ドレスデンフィル弦楽三重奏団発売開始です。 | トップページ | 弦楽器製作者協会の西、東 »