« しらかわホールの方向転換 | トップページ | 刈谷市民管弦楽団第28回演奏会 »

2013年2月 8日 (金)

中日劇場も貸館に

 先日名古屋のしらかわホールが来年4月から貸館専用になることを記したけれど、今日の新聞には中日劇場も18年から貸館専用になるとの報道がありました。現在は商業演劇の大きな位置を占めていますが、かつては年末になるとピアノの中村紘子さんがリサイタルを開くのが定番になっていました。私はその頃J・シュタルケルのチェロも聴いたものです。その後芸文劇場、しらかわホールなどが出来て音楽プログラムは無くなりました。
 駅前の名鉄ホールは以前から貸館に特化してしまいました。ここでは名古屋の役者を集めて(劇座)フィガロの結婚の劇場版などを上演したこともあります。思えば自主事業の最後だったのでしょうか。そして御園座は建替えを前に赤字に苦しんでいます。
芸どころというけれど、どこが?とツッコミたくもなります。
 自主事業を放棄すると一番のマイナスは人が育たなくなるのです。企画、立案、交渉、資金調達、・・・・このプロセスが理解できない管理者というのは時に利用者と衝突をするものです。景気の後退はここにも感じるのですね。以前名古屋にスタジオ・ルンデというホールがありました。ここではバルトークカルテットのようなビッグネームの団体が学生、アマチュアにも手ほどきをしていました。今はもうありません。あのときの優秀なスタッフはどこへ行ってしまったのでしょうか。
 

|

« しらかわホールの方向転換 | トップページ | 刈谷市民管弦楽団第28回演奏会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311128/49267404

この記事へのトラックバック一覧です: 中日劇場も貸館に:

« しらかわホールの方向転換 | トップページ | 刈谷市民管弦楽団第28回演奏会 »