« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月28日 (金)

野外ステージ

P9090704
 これは吉祥寺の井の頭公園にある野外ステージです(9月撮影)。大阪城に比べるとはるかに小さいのですがその分小回りが利きます。この日はAKB48の吉祥寺版ともいえるグループのステージがありました。300人に近い人が集まったようです。このくらいの規模が一番使いやすいようです。ここで鍛えられたプレーヤーがやがて大きな舞台で活躍できればこの施設の存在が評価されるというものです。野外ステージの強みはなんと言っても維持管理費がすこぶる安上がりだということ、青空、夕焼け、または星空、の下自然と一体になった感覚は他には得がたいロケーションを作ります。但し、そのときの天候次第という面があり、雨天中止または順延という悲しい現実と背中合わせです。でも音楽の神様は誰かを晴れ男、晴れ女にしてくれる、と私は信じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月27日 (木)

大阪城野外音楽堂(野外ステージ)

P9120791
 大阪城の南に野外音楽堂があります。大阪市音楽団の活動拠点になる場所です。橋本改革の例に漏れず、大阪市音楽団は今自立を目指して懸命に頑張っています。これだけの場所をもっと活用すればいいのに。と通りすがりの者は思うのです。使わないともったいない。
そういえば東浦町の於大公園にも野外ステージがありました。いまさらコメントもありませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月25日 (火)

大阪城

P9120797
 大阪城に出かけました。鶴橋に舞い降りて、約束通り焼肉を食べました。接客の丁寧さには驚きます。
 金券ショップで神戸までの乗車券を求めました。これから大阪城を見てから神戸へ行きたい。と伝えたところ、鶴橋から森ノ宮(大阪城)間での乗車券が115円でありました。(正規料金は120円2駅の距離です)5円のために回数券が売買されるなどとは驚きです。これが大阪というものでしょうか。ちなみに写真は大阪城の北面です。天守閣のすぐ左下に見えるのは”虎”ではありませんか。なるほど、トラキチの牙城、ほら、六甲おろしが聞こえてくるでしょ。
 えっ?聞こえません?そういう貴方には左背景のドラゴンズブルーで燃えよ○○をどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月24日 (月)

クリスマスイブ

P9120805
 24日はイブです。今年は振り替え休日です。クリスマスイブにはそれなりの楽しみ方があるというものです。当ブログ訪問の方には神戸タワーのライトアップをモザイクから眺めた夜景としてお見せします。クリスマスマーケットが右に続きます。ジングルベルの音を想像してお楽しみください。12月19日の様子です。サイレントナイトでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月23日 (日)

フィルハーモニカー・ウィーン・名古屋に出かけました

 この聞きなれない長い名前に初めて出会いました。22日出演者からずっと前に誘われていましたが、昼食時に突然思い出して出かけました。アマチュアの団体だから800円か1000円ぐらいだろうと思っていましたが、当日券売り場で2000円といわれ、ややしり込みをしました、ここで帰るのも辛いということで買いました。(招待券をもらっておけばよかった・涙、客席で知人を見つけては、隣にあるサイゼリヤでワイン、グリッシーニ、生ハムをいただくのが安くて嬉しい)受付でプログラムを見ると、ウィーンオタクか?と一瞬思いました。名前、楽器、指揮者、男性は燕尾服、こだわりましたね。
 今回が第1回演奏会だそうです。今ではアマチュアのオケは乱立気味といえる状態ですが、やっぱりコダワリの団体が出てきました。それなりにセレブな存在になるだろうなとは思います。指揮者、トレーナー、楽器などに相当な投資をしているのです。曲はブルックナーの9番とモーツァルトの40番Jシュトラウスのこうもり序曲です。モーツァルトは弦楽を小編成にはしません(ヴィオラ5プルト)その分チョッと重たいかな?という感じですが、ブルックナーは効果がありました。大規模な管楽器群が威力を示します。これをある人はオタク楽団と一蹴する人もいるだろうな、と思いました。でもこれがアマチュアの特権だと思うのです。指揮エルンスト・レスター、刈谷文化センターで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

桜島 その4クリスマス市

Pc050789
 このブログが音楽のカテゴリーで書かれる以上ただの観光では済まされません。そこで今回の締めくくりは鹿児島駅前広場のクリスマス市です。夜になるとこのツリーの下でライブが始まります。それがぬるいというか、いつになったら始まるのだろうというペースで準備が進みます。私が見たのは5人組のグループで。市内のライブハウスで活動しているメンバーのようでした。周りは屋台が出てホットワイン、コーヒー、パスタなども楽しめます。暖房装置もありなかなか楽しめます。大きな屋根は心強いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月13日 (木)

桜島 その3山形屋

Pc040778
 鹿児島市内にある有名老舗デパートです。テレビ番組ケンミンショーで「鹿児島県民は山形屋へ出かけるときはおめかしをする。」ということで広く知られたそうです。そう、確かにヨーロッパの雰囲気です。クリスマスムードになっています。近くの天文館という繁華街はどこの都市とも見分けが出来ないほど似てますが、このような建物は貴重なランドマークです。幼い頃ちょっぴりおしゃれをして出かけた名古屋市内のデパートの食堂で見た、お子様ランチに立てられた小さな旗(爪楊枝を使っていたっけ)にあこがれていた頃を思い出してしまいました。鹿児島にささやかなヤキモチを感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月10日 (月)

桜島 その2黄金の絨毯

Pc050783
 桜島を楽しんだ翌日は島津のお殿様がその桜島を見るため作った別荘にやって来ました。仙巌園というところですが景色につられて山道を登りました。途中の景色がこれです。静謐という言葉が似合う静けさです。美しさです。ココは多くを語らないほうがよさそうです。コンサートホールで4分33秒じっと待つのは辛いでしょうがここなら気になりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 6日 (木)

突然ですが桜島

Pc040774
 先月だったか近くの大型スーパーに鹿児島県のお役人の方が来て観光キャンペーンを行いました。桜島は毎日毎日噴火しているのです。という話でした。というわけで、その噴火の様子を見に来ました。昼ごはん時に駅に着いて、桜島フェリーから見た噴火の模様です。余談ですがフェリーの料金は大人150円です。市民の移動手段を確保しているのですね。島には足湯が用意されていて(無料)頭上の鳶、錦江湾の白い波を見ながら楽しみました。噴火のエネルギーがまだまだ蓄積されているのです。人間出る杭は打たれるといいますが、出ないと腐るという説もあります。音は聞こえなくても噴火は確実に続いているのです。ビジターセンターでの説明によると今年になって1000回を超す噴火活動を数えたそうです。風向きによっては灰が降ってきます。観光資源との共存がココにはあります。しかしこちらで知ったのですが、スーパーで見たポスターのモデルはあのAKB48メンバーで地元出身者だそうです。オイドンの出る幕ではなかもうした。ようです。ちなみにコピーは「本物」でした。
 私には市内循環観光バスの運転手さんの説明の方がグッときました。東京にいる人より地元で汗する人に会えるのが観光というものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »