« 宗次ホール弦楽四重奏コンクール その6 | トップページ | 宗次ホール弦楽四重奏コンクール (ご褒美) »

2012年9月29日 (土)

宗次ホール弦楽四重奏コンクール その7締め

 コンクールで若い人たちの演奏8団体をマスタークラスを含めて3日間楽しませていただいた。マスタークラスについていえばとても勉強になるということです。音楽ファンなら誰でもという訳にはいかない点は音楽用語です、スビト、スフォルツァンド、テンポ・プリモなどという用語が飛び交うので、チョッと外国語のようになるかも。でもアマチュアに理解できる範囲でそれ以上の難しいことを言うわけでもないので参考になるのは間違いありません。そして聞き方ですが、今、改めてコンクールで取り上げられた曲をCDで聴き直しています。決して口直しというものではありません。各審査員の指導内容をCDで確認するのです。原田禎夫先生はP(ピアノ)はオートマチックに小さくするのではない。弓を最初から使いすぎない。レメシュ先生は音楽には物語がある。語り口の知恵がありました。百武先生には作曲家のエピソードを語られ、歌い方の強弱の入れ方などの話が耳に残ります。
 それで、いまCDを聞きなおしているのです。我が家のメインシステムでです。普段はシスコンクラスを聞き流しているのですが。自慢のメインで聴くと先生の伝えようとしたことが良く分かるのです。要するに私は復習をしているのです。これも四重奏シンドロームでしょうか。
 次回を楽しみにしましょう。コンクールについてはこれでオシマイです。長々と有難うございました。

|

« 宗次ホール弦楽四重奏コンクール その6 | トップページ | 宗次ホール弦楽四重奏コンクール (ご褒美) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311128/47254164

この記事へのトラックバック一覧です: 宗次ホール弦楽四重奏コンクール その7締め:

« 宗次ホール弦楽四重奏コンクール その6 | トップページ | 宗次ホール弦楽四重奏コンクール (ご褒美) »