« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月28日 (土)

緑陰コンサートは猛暑知らず、楽しく聴けました。

P7280683_3
 28日は緑陰コンサートを開きました。午後4時スタートです。この猛暑日の最中に何事か。と思われる向きもありましょう。しかし、ここは牧場の一部。心地よい風が通り過ぎるのです。砂利が撒かれた駐車場に打ち水をして、椅子を並べたら完成です。嬉しかったのは打ち水を手伝ってくれた少年、一生懸命に聴いてくれた幼い少女、スイカをお客様に差し入れくださった方。「風の通り道」、「君をのせて」、「少年時代」、「イエスタデー」などにバッハの無伴奏チェロ組曲第1番、などを楽しんでいただきました。都会の集まりには無い不思議な連帯感を感じました。 日ごろ幼い子供が牛に草を遣る様子を見ていると、この木の下に猛暑という言葉は無いと思っていました。打ち水は儀式として最高の演出でした。P7280685 お客様は40人を超えたでしょうか。立って聴く人がいなかったのは(好きで立っていた方は除く)ホッとすることでした。皆さんに喜んでいただき、ミルク牧場の店主と共にお礼申し上げます。今日は千の風に出会えた日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月21日 (土)

28日は緑陰コンサート(プログラムのお知らせ)

P7210678
 28日に開く緑陰コンサートのチラシをお店の方に作っていただきました。店内で希望者にお渡ししています。そのため電話番号などは記載されていません。それでここで連絡先をお知らせします。深谷茂文を偲ぶ会(間瀬)の電話番号です。0562-46-0115にお問い合わせください。当日のプログラムは
     バッハ  G線上のアリア  弦楽四重奏版
      羊は安らかに草を食み(牛を羊に見立ててください) 々
     モーツァルト セレナーデ13番 アイネ・クライネ・ナハトム    
      ジーク第1楽章 々
     バッハ 無伴奏チェロ組曲第1番
                          その他
 会場の準備前にはヴァイオリン弾きにチャレンジしていただけるよう楽器を用意します。遠慮なく触って見てください。同じ構造、部品の数で数万円から何億という値段の差は何でしょう。触ってみると案外分かるかも?
 繰り返しになりますが会費は無料です。但し、駐車場は下の川の堤防に置くようご協力をお願いします。蛇足ですが、ジャージー牛乳を使ったこの店のソフトクリームは絶品です。350円、これはイチオシ!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月13日 (金)

友人、故深谷茂文君のこと

 私の友人に深谷茂文君がいました。過去形で書かなければなりません。今年の3月末膵臓癌が元で亡くなりました。鉄工場を経営していました。愛知県国際交流協会などでの尽力は忘れることは無いでしょう。そして以前お知らせした木陰でコンサートを企画した建物(ミルクハウス)の補修が最後の仕事になりました、主人の話によると、壊したかったのだけれど、反対され、さっさと補修作業に取り掛かったとのこと。そして今のような形で残ったのだと。人生最後になってしまった彼の仕事を私たちが喜んで使う。そんな形で追悼の意が表せたらそれも音楽の持つ力ではあると思うのです。それで決めました。7月28日は彼の追悼コンサートです。仕上げをお手伝いいただいた地元の豊和住建という工務店にも声を掛けたら快く協力を申し出てくださいました。プログラムもまずバッハのG線上のアリアから入ります。(これは東日本震災の後、鎮魂の曲として定着したようです)
 もちろんこの施設が皆さんに使っていただくことが彼の望みだったのですから、無料で楽しんでいただきます。セントラル愛知でチェロを弾いてみえる石橋さんにも応援を頂くことになりました。(バッハの無伴奏チェロ組曲第1番を披露していただけるそうです)県芸の学生さんにも声を掛けさていただきました。盛夏の真っ只中打ち水をしてささやかな風を感じて楽しみましょう。千の風もいいかも。人は亡くなってもなにかを残せるのかもしれませんね。よろしければお出かけください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

緑陰コンサート・大きな木の下で打ち水してベンチで聞く音楽28日開催

P6080664_2
 夏の暑い昼下がり、といっても夕方に近いかな。打ち水の後、ベンチを並べて風を感じながら聞くモーツァルトはいかがでしょうか。いま、あれこれ考えています。詳細は決まり次第お知らせします。この小屋の中で演奏して、窓、扉越しに聴くなどの趣向です。
 左に見える白い柵は牛の放牧場です。早めに来て牛に餌を遣りながら楽しむというのは如何でしょう。いっそヴァイオリンも用意していろいろ触っていただきましょうか。暮らしの中にクラシックというのは宗次ホールのキャッチコピーですが、都会を離れるともっと大胆にチャレンジ出来るのでは・・・といいたいのです。ここはさるお店の駐車場ですが、ジャージー牛から採ったミルクで作ったソフトクリームはたぶん本番では売り切れになるでしょう。ちなみに1杯350円です(小は250円)
 日時7月28日(土)午後4時から
 会場ミルクショップ知多農場
 プログラム バッハ無伴奏チェロ組曲ほか
 入場無料 但し、ベンチに座りたい方は事前に予約してください。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »