« ヘンシェルカルテット再び(サントリーホール) | トップページ | インストア・ライブ秋葉原ピクリブ »

2012年6月20日 (水)

東京のチラシ配布事情

P6150671_2 14日の演奏会に向けてチラシ配りに奔走しましたが、久々に東京でチラシ配りの様子を見せていただきました。開場30分前になると制服を着たお嬢さんが台車に片足を乗せて、もう片方の足で地面を蹴って颯爽とカラヤン広場を駆け抜けました。はて?何でしょう。と思ったのですが、開場の合図のオルゴールが鳴りだすと写真のように入場者にビニル袋に入った分厚いチラシを手渡し始めました。希望しない人はそのまま入場していきます。これなら必要ない人の手を煩わすことはありません。主催者から1枚いくらという形で請け負っているようです、一つの業態になっています。ここは名古屋と違うところです。名古屋はチラシの挟み込み作業が情報交換の場になっているとか、挟み込むプログラムの主催者とバッティングしないよう配慮しているなどはその意義を認めるのですが、要らない人には手荷物を増やさないということにもメリットはありそうです。ウィーンのカラヤン広場はチケットを売るモーツァルトの時代の衣装のお姉さんが雰囲気を作りますが、ここサントリーホールは定着するのでしょうか。ここは大らかに見届けたいものです。チラシが入った籠の下に車輪がついているのがお分かりですね。夕方なので暗い写真になりました、ご容赦を。

|

« ヘンシェルカルテット再び(サントリーホール) | トップページ | インストア・ライブ秋葉原ピクリブ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311128/45729708

この記事へのトラックバック一覧です: 東京のチラシ配布事情:

« ヘンシェルカルテット再び(サントリーホール) | トップページ | インストア・ライブ秋葉原ピクリブ »