« 白い鳥、正しくは鷺(サギ) | トップページ | 栄ミナミ音楽祭12+大須 »

2012年5月14日 (月)

ディ・ムジカンテン演奏会に出かけました

 最近の約束事でチラシを持って演奏会に出かけます。13日はムジカンテンの演奏会に出かけました。400人弱の会場は9割の入りです。驚いたのは幼児を多数見かけたことです。休憩時間に母親に声をかけたらお母さん仲間の人が演奏をするということでチケットを頂いたということでした。そしてその子達は親子室で聴いたり、ロビーでモニターを見て楽しんでいました。休憩時間になると親同士は皆知り合いで子供たちもなついていました、このような付き合いが出来るのもいいものだなあと思うことしきりでした。このように勘定すると会場は満席というのが正しいのかもしれません。生音楽の親子会とはナント贅沢!
 演奏はブラームスのハイドン変奏曲に始まり、Rシュトラウスのホルン協奏曲第1番そしてモーツァルトの交響曲リンツです。名フィルの主席奏者安土真弓氏のホルンは聴きものでした。一言で言うならば自在な表現力というのが当てはまるでしょうか。ホルンは管の長さが確か1m77cmだったと記憶しているが、これはある意味で人の息のラジエターになり、途中に溜まる水滴が音に悪さをしないように、外に出すため演奏の途中盛んにホルンを回していました、結構忙しいのですね。CD、レコードでは判らないことです、だから生は面白い、というのは単純すぎる?
 レナト四重奏団の演奏会まであと一月です。始終相談してます?

|

« 白い鳥、正しくは鷺(サギ) | トップページ | 栄ミナミ音楽祭12+大須 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311128/45251010

この記事へのトラックバック一覧です: ディ・ムジカンテン演奏会に出かけました:

« 白い鳥、正しくは鷺(サギ) | トップページ | 栄ミナミ音楽祭12+大須 »