« チラシを配り始めましたその2 | トップページ | 花見はお済ですか。京都のしだれ桜 »

2012年4月20日 (金)

チラシを配り始めましたその3 チラシ折込デビュー

 超久しぶりに音楽会のプログラムにチラシを挟み込む作業をしてきました。昨日名フィル事務局に電話をして、作業の仲間に入るための方法を教えていただきました。大事なことはその演奏会を主催する演奏会とバッティングしないことです。最初に私のチラシの内容を聞かれました。6月14日と応えると、名フィル関係の演奏会と重なることは無いのでOKですよ。との回答でした。最近までチェロを弾いていた杉浦さんのカルテットなんです。と伝えると。もちろん結構ですよとの答え。杉浦氏の人気を垣間見たような気分でした。
 で、指定された時間、会場に15分前に着きました。持ち込んだ部数は1200枚、これほど大量に捌けるのはさすが名フィル。明日もあるのです。3時丁度に作業は始まりました、20人弱の人が二手に分かれて丁合い作業を始めます。最初に名フィルの事務局の人がプログラムの真ん中に挟んでくださいと見本が示されました。さすがに皆さんは手馴れているのか手が早い!4時5分前には予定数終了です。お疲れ様でした。と皆さんばらばらに散っていきます。
 作業中はゲネプロが放送されていて、プローべの進み具合が良く分かりました。(役得?もちろん会場の様子は判らない)この日はピアノの田村響氏が登場。皇帝を弾いていました。かつて氏が高校生のとき私たちのオケとモーツァルトのイ長調の協奏曲(第23番K488)を弾いたときのことが懐かしく思い出されました、ロンドンから帰ってきた直後だったと思うのだけれど、茶髪に染めた頭を指して、日本では浮いてしまうんです。と言っていました、そのときの第二楽章は特に「うまいなー」と感じたことは忘れません。こういうのって別格の楽しみって言うんでしょうね。(実は浜松のコンクールに失敗して落ち込んでいたのです。私たちの協演は多少なりとも励ましになったのでしょうね。ね!)
 明日も演奏会があるのですが私の都合で折込作業はお休みです。実は京都へ桜を見に行きます。

|

« チラシを配り始めましたその2 | トップページ | 花見はお済ですか。京都のしだれ桜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311128/44959640

この記事へのトラックバック一覧です: チラシを配り始めましたその3 チラシ折込デビュー:

« チラシを配り始めましたその2 | トップページ | 花見はお済ですか。京都のしだれ桜 »