« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月22日 (日)

花見はお済ですか。京都のしだれ桜

P4210643  京都の高台寺にあるしだれ桜です、時期が少し遅かったようです。角館の武家屋敷の桜は有名ですが、お姫様のお輿入れの折、京から持ち込んだ桜があのように立派に成長したのですね。土地の無い私はせめて記憶だけでも、と思い写真に。という訳で皆さんと楽しめれば・・・・という言い訳になってしまいました。6月14日の演奏会がお客様に喜んでいただけるよう、神社にお参りも済ませました。写真をクリックすると大きくなります。ちなみに下の白い石は雲、瓦と薪で作られた島ようなものは竜が舞う姿です。帰途ラジオで聞いたドラゴンズ戦は6-1で竜の勝。鯉の出番はもう少しお待ちください。
 24日は名古屋市内でシフォン弦楽四重奏団の演奏会があります。名フィルのメンバーで構成されたカルテットです。(モーツァルトの19番、ベートーヴェンの9番がプロ)もちろんチラシの挟み込みに出かけます。そのエネルギーを蓄えるための京都旅行でした。聴いた感想は後日報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月20日 (金)

チラシを配り始めましたその3 チラシ折込デビュー

 超久しぶりに音楽会のプログラムにチラシを挟み込む作業をしてきました。昨日名フィル事務局に電話をして、作業の仲間に入るための方法を教えていただきました。大事なことはその演奏会を主催する演奏会とバッティングしないことです。最初に私のチラシの内容を聞かれました。6月14日と応えると、名フィル関係の演奏会と重なることは無いのでOKですよ。との回答でした。最近までチェロを弾いていた杉浦さんのカルテットなんです。と伝えると。もちろん結構ですよとの答え。杉浦氏の人気を垣間見たような気分でした。
 で、指定された時間、会場に15分前に着きました。持ち込んだ部数は1200枚、これほど大量に捌けるのはさすが名フィル。明日もあるのです。3時丁度に作業は始まりました、20人弱の人が二手に分かれて丁合い作業を始めます。最初に名フィルの事務局の人がプログラムの真ん中に挟んでくださいと見本が示されました。さすがに皆さんは手馴れているのか手が早い!4時5分前には予定数終了です。お疲れ様でした。と皆さんばらばらに散っていきます。
 作業中はゲネプロが放送されていて、プローべの進み具合が良く分かりました。(役得?もちろん会場の様子は判らない)この日はピアノの田村響氏が登場。皇帝を弾いていました。かつて氏が高校生のとき私たちのオケとモーツァルトのイ長調の協奏曲(第23番K488)を弾いたときのことが懐かしく思い出されました、ロンドンから帰ってきた直後だったと思うのだけれど、茶髪に染めた頭を指して、日本では浮いてしまうんです。と言っていました、そのときの第二楽章は特に「うまいなー」と感じたことは忘れません。こういうのって別格の楽しみって言うんでしょうね。(実は浜松のコンクールに失敗して落ち込んでいたのです。私たちの協演は多少なりとも励ましになったのでしょうね。ね!)
 明日も演奏会があるのですが私の都合で折込作業はお休みです。実は京都へ桜を見に行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

チラシを配り始めましたその2

 先日の日曜日はドニチエコキップを活用して名古屋市内の文化広場にチラシを置きましたが、今日は絶好のドライブ日和なので名古屋近郊の文化会館などにチラシを置きに回りました。ナント50CCのバイクで移動です。お願いできた施設は瀬戸市民会館、市民交流館、尾張旭市文化会館、日進市文化会館、市民交流館、豊明市文化会館、大府市勤労文化会館などです。どこも対応は優しく丁寧な感じでした。「期日が終了した後、残っていればこちらで処分してよろしいですか?」と問われ、わずか50枚にも満たない量でも残るのが現実なのだなあ。と厳しさを知ることになります。クラシックの中でも弦楽四重奏曲となればマイナー中のマイナーです。先日名古屋ドーム隣の東文化広場へ出かけたとき若い娘さん達があふれ、地下鉄の通路が歩き辛かったのはエグザイルとか言うグループのお陰でした。モーツァルトは当時のエグザイルだったのかも知れないな。などと思いにふけるのですが歴史に名を残すということはかくも辛い?というかパトロンがいなくなったというか。まあいろいろつきません。です。はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

チラシを配り始めました

 13日にチラシが出来上がりました、早速チラシ配りが始まりました。まず近くの公共施設からです。まずは敬意を表して?東浦町文化センター、刈谷市文化センター東郷町文化センター、大府市役所です。土日曜日は名古屋市内です。熱田、名東、東文化小劇場を皮切りに、芸創センター、そして長久手文化の森にまで足を伸ばしました、もちろんプレイガイドは真っ先にチケットとともに届けました(芸文、ヤマハプレイガイドはチケットをおきました)これだけ回れるのは土日エコキップ(600円で1日乗り放題)の威力です。そして日曜日は3時過ぎに名古屋栄にある芸文コンサートホールでチラシ配りです。が、しかし、警備員に防災センターに来て欲しいとの言葉で、事務所に出かけたら「ココでのチラシ配りは出来ません、当ホールを使用するものは例外です」とのことでした。チラシ配りは出来ないのです。要は政治のアジびら、宗教の勧誘のチラシ等の区別が出来ないから禁止しているとのことです。
 地下にあるプレイガイドではどこの会場でも預かってくれるのに、ホームページで情報を公開してくれるのに。と思ってしまうのです。芸術文化センターの名に恥じないのかなあと落胆しました。民間企業なら、きっとQCとかで折り合いをつける工夫がなされるように思いました。説明をしてくれた職員の顔が”問題を未然に防ぎました”というような自慢げな風に見えたのは私の僻みとしても工夫が欲しいと思うのです。会場でプログラムに挟まれたチラシを見るとそれはそれで便利、合理的なのでしょうが、顔が見えてないなあと残念至極なのです。1枚5円の印刷費をかけて配るチラシに私たちの気持ちは理解されないのでしょうか。マネージメントの難しさがココにあります。そういえばかつてスタジオ・ルンデがあったときNさんと一緒にチラシ配りを遣りながら情報交換をしたものです。音楽企画ドルチェも今はありません。マネジメントがだんだん無くなるのです。それは特に若い人にとっていいことなのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月12日 (木)

再びアナログプレーヤーのこと

 つい先日隣町のリサイクルショップでレコード盤を手に入れました。SP盤はフルトベングラー/ベルリンフィルのベートーヴェンの第5「運命」5枚組とワルター/ウィーンフィルの未完成3枚組です。(これでナント2500円但し箱無し)まだ聞いてはいませんが、同時に入手したLP盤にとても驚いているのです。曲はベートーヴェンのクロイツェル、ブラームスのヴァイオリンソナタの2枚です。クーレンカンプのヴァイオリンに、あのG・ショルティのピアノですモノラルの見本盤です。ショルティのピアノに興味があったのですが、何が凄いのか、というともうすべてにびっくりです。こんなに音が良かったかしら?ということ。そして奏者がとても聴かせるのです。今流の演奏とは違いますが、なぜか気持ちが良く分かるという感じなのです。戦後のノイエザハリヒカイトはすべての奏者に楷書を要求しているようでどれも同じように聴こえませんか?今の若い人にもっと大胆になってもいいんじゃないの!?といいたくなるような演奏なのです。これを文字で説明するのは難しい。昔のままの音をレコードでたどるのは結構面白い発見があるのです。支離滅裂な文になってしまいました。それくらいの衝撃がありました。ちなみにこのレコードは一枚84円でした。店の名はナイショ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

チラシが出来るまでにPR(裏面)

24  前にアップしたチラシの裏面です、やはりスーパーのチラシより分かり易いようにと考えました。何のひねりも、インスピレーションも無いといわれそうですが、それは演奏にお任せという事で。チケットぴあは16日から発売です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

演奏会の準備 チラシ作成(校正完了)

24_2  6月14日の演奏会チラシの下書き(版下)です。単色印刷でコストを抑えました。お一人様2000円でのご奉仕です。誘いあわせてお聴きください。最終校正の前の青焼きです。実際には菊の後に「嬰ハ短調」が記載されます。クリックして拡大画面をご覧ください。スーパーのチラシよりわかりやすいでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

名古屋市教育委員会の後援申請が許可されました

 先の23日名古屋市教育委員会にレナト弦楽四重奏団の演奏会の後援申請をしたと書きましたが、今日4月3日郵便で許可書が届きました。書類を提出した折、雨の中をわざわざご足労いただきまして。とねぎらいの言葉のあと、新年度の切り替えで遅くなるかもしれないと聞かされていたので中旬のチラシ完成は無理かと覚悟していましたが、これなら意外に早くできそうです。短期間の発売なのでチケットぴあも利用できるようにします(サークルK、セブンイレブンでチケットが買えます)。中旬には近隣の公民館等公共の施設にチラシがお目見えするかもしれません。直ちに校正にかかります。それにしても名古屋市は早い、感謝です。(行政手続き法という法律によれば標準期間は2週間となっているのですが、どこの市町も教育委員会の会議にかけるということで1月待ちは当たり前のようです、思うに名古屋市では現場への権限委譲が進んでいるのでしょう。)それに暴対法、インフルエンザに対する注意書きなどは人を集めるということの責任を喚起するのも納得です。許可が早いから言うのではないけれどグッドジョブ!だと思いませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »