« このはな音楽祭締め出し、当方の見解 | トップページ | レナト弦楽四重奏団 練習風景 »

2012年3月23日 (金)

レナト弦楽四重奏団演奏会

 このはな音楽祭は今年も会場を貸したくないという町の意向で実施は出来なくなりました。それでも音楽祭にこだわる私としては何とか場所を変えてでも続けたいとの一念で、5月20日に予定していた弦楽四重奏の演奏会を室内楽のメッカ宗次ホールで開催することになりました。出演はVn平光真爾(愛知室内オーケストラ、コンマス)松本一策(セントラル愛知交響楽団団員)Va阿部真子(愛知室内オーケストラ)Vc杉浦薫(元名フィル団員)のメンバーです。
曲目はモーツァルトの第3番、ハイドンの76-2五度、プッチーニの菊、それにドボルザークの12番アメリカです。使用する楽器はレナト・スコラベッツァのセット、OSAKA、KYOTO、NARA、TOKYOの名がついた1980年製のものです。
 料金はこのはな音楽祭の前例に沿って破格の2000円です、(当日は2500円)誘い合わせてお出かけください。本日名古屋市教育委員会の後援名義使用の申請書を出しました。(この後援の文字がないと公共施設にチラシを置いていただけないのです)チラシが出来たらまたお知らせします。前売り券は愛知芸文センターPG、宗次ホールチケットセンターに置く予定です。

|

« このはな音楽祭締め出し、当方の見解 | トップページ | レナト弦楽四重奏団 練習風景 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311128/44606697

この記事へのトラックバック一覧です: レナト弦楽四重奏団演奏会:

« このはな音楽祭締め出し、当方の見解 | トップページ | レナト弦楽四重奏団 練習風景 »