« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月15日 (日)

レナト・スコラベッツァのカルテット1980 のこと

 イタリアの製作者レナト・スコラベッツァの名を初めて目にしたのは四季の演奏で名を馳せたイ・ムジチのコンマス、フェリックス・アーヨが録音に使ったのがレナト・スコラベッツァの製作によるものだった。という記事を何処かで読んだのが最初であった。60年代後半のことだった。その13年ほど後に、東京の楽器店にポスターがひときわ目立って貼られる様になった。後で知ったのだが80年の11月にスコラベッツァが弦楽器製作者協会の招きで来日したのでした。その折、4都市の名がつけられたカルテットセットが持ち込まれたのです。VnがOSAKA、KYOTO、VaがNARA、VcがTOKYOUとラベルに記されました。
 そしてこのセットのデモで東京、大阪で演奏会が開かれました。プログラムはモーツァルトのK575とドボルザークのアメリカでした。その後このセットは名古屋の弦楽器店の手に渡りました。店主はセットで売りたかったのですが、なにせ力の入った名器だけに値段も相当立派なものでした。結局4つの楽器は地元で知られたプロの演奏家4人の手に渡りました。そして幸いなことにこの4本の所有者が現在も分かっているのです。
 この4本の同窓会を開きたいなあ。との思いが叶いそうです。チェロの所有者と彼の仲間が手を貸してくれるような流れです。そう、名フィルメンバーによるカルテットの演奏会が実現しそうです。制作から32年目を迎えてどんな音になっているのでしょうか。興味津々というところです。
 スコラベッツァは帰国後日本からの注文が殺到し、研究を邪魔されたくないとして、パルマに学校を作り、製作本数は激減したということです。ササビーズ、クリスティーでも偽物は出ても本物は出てこないという作家になったのです。パルマにある彼のアトリエには日本での演奏会のプログラム、ポスターが額装されていました。一番聴きたいのは彼なのでは。
 6月にはこの楽器で演奏会が開けるよう、鋭意努力中です。ご期待ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

偉大なるチェリストの系譜拝聴記(5人のチェリストによる)

 10日チェロアンサンブルの響にのせて、という宗次ホールのランチタイム名曲コンサートvol514に出かけました。5人のチェリストの演奏です。平日の昼時にも関わらず9割ほどの入りです。ほぼ2週間後に予定されている天野武子氏によるリサイタルは早々とソルドアウトを告げたのでこちらへ流れたこともあるかもしれません。奏者は花崎薫(県芸の准教授に着任。天野先生の後任?)新井康之(名フィル)佐藤光(フリー)紫竹友里梨(県芸院在学・筆者の記憶では昨年秋にトパゾスSQで弾いていた)といった面々。天野先生の教え子3人と後任者といったところ。その幅の広さと実力を見るにつけ立派な教育者だったのだと改めて知る。
 ボッケリーニ、ハイドン、バッハ、ポッパー、久石譲、平野一郎(野平一郎とは違う!)と来てカザルスの鳥の歌で締めくくられました。
 演奏は気心知れた心の近さを感じさせる楽しさいっぱいというものでした。楽しいとはこうゆうことなのね。一言で表すと以上です。私などもビオラを楽しむ一人として思うのはチェロは音域が広くていいなあ、ということです。それは例えば2カ月前に同じ会場で開かれたヴィオラデュオ(名フィル主席の石橋直子と県芸教授百武由紀)も良かったけれど、なじみのある曲を編曲しても、楽しく聴けるだけの幅があるのがチェロということです。といって練習をサボってはいけませんね。ハイ。
 プログラムを紹介します
  ボッケリーニ  2本のチェロのためのソナタから第一楽章
  ハイドン     3本のチェロのためのディヴェルティメント
  バッハ      シャコンヌ 4本のチェロのためのヴァルガ編
  ビゼー      カルメン幻想曲 5本のチェロのための ミフネ編
  ポッパー     演奏会用ポロネーズ 以下5本のチェロ
  久石 譲     おくりびと
  平野一郎     日本の旋律による小組曲(さくら、ほたる来い、                         海は荒海、ずいずいずっころばし)         
  カザルス     鳥の歌                                     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

初詣は済ませましたか

 新年明けましておめでとうございます。
大晦日から新年まで近所の神社に出かけていました。禊と祈願です。
境内ではテントを張って、御札、お守りを頒布していました。神様に繋がるものなので敢えて販売とは言わないようです。
 賽銭箱の横では神社の白い法被を着た人が「神様の国と娑婆を結ぶ大切な糸です、がんばってください」といってました。頑張るって、お札を期待してますってこと?
 おみくじでは、大吉、中吉、末吉よりも皆さんがもっと大好きな吉を知っていますよ。それは福沢諭吉です。といって笑いを振りまいていました。そしておみくじの吉は「プライスレス」だともいっていました。神社も維持費を確保するのに大変な頑張りようです。気分良く帰るのは大切なことです。
 皆さんは初詣を済ませましたか。お願いしたことが叶うといいですね。私もこのブログを読んいる貴方の幸運を御祈りしちゃいます。なぜって?私の部屋には神社の名が入った白い法被がハンガーに掛かっているのです。お願い事をお手伝いするのが私の役目ということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »