« 平泉中尊寺(能楽堂) | トップページ | 樋口良健氏のこと »

2011年12月22日 (木)

楽器の再生(石巻から)

Pc150625_2
 仙台の帰りに震災に遭った石巻を見てきました。震災で数多くの楽器が使えなくなりました。それでも思い出が詰まった楽器を懸命に再生しようと努力を続けている人がいます。
 楽器店ではピアノの再生中です。この店では天井すれすれまで水が来たということでした、でも、ボランティアの皆さんのお陰でここまで開店できるようになった、とおっしゃていました。次はお客様の楽器の再生です。仙台市内の弦楽器店でも水に浸かって膠のはがれたヴァイオリンをリペアしたという話も聞きました。
 市内で聞いたことは「帰宅困難?魚が昇天した後の匂いが大変だった」ということでした。映像では伝えられないことだと思いました。道路はまだいたるところで波打っていましたが、家屋の取り壊しが始まったばかりのところと、仮設の商店街が混在する状態でした。さて、いま私に何が出来るのだろう。帰りのバスの中で考えることしきりでした。まだ終わっていないんです。この先がとてつもなく長い、ということだけは間違いありません。
 写真はピアノのリペア作業です、脇には鍵盤とハンマーアクションの部品がありました、泥水に浸かったその色は、昨日毛越寺で見た建物の木の色を思い出させます、美しかったスプルースは一瞬の内にどれほどの苦しみを背負ったのでしょう。一つの部品にも記憶は残るのです。

|

« 平泉中尊寺(能楽堂) | トップページ | 樋口良健氏のこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311128/43471326

この記事へのトラックバック一覧です: 楽器の再生(石巻から):

« 平泉中尊寺(能楽堂) | トップページ | 樋口良健氏のこと »