« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月28日 (月)

新潟(北方文化博物館)

Pb170578_2
 新潟へ出かけた目的は”豪農の館”を尋ねることでした。かつて戦後の農地解放にGHQのマッカーサーが関心を持ったといわれる豪農の家で、観光パンフレットにはいつも顔を出す名所のひとつです。新潟駅から路線バスで約50分、沢海(そうみ)にその屋敷はありました。豪農、その力をしっかり見ることが出来ました。そして敷地内にあるイタリアンレストラン”ウィステリア”にも驚きました。豪農伊藤家を支えた本物志向が生きていました。新潟から車に乗っても食べに行きたいレストランと言ってもいいでしょう。戦前当主がアメリカ留学を果たしたが、終戦直後GHQが目をつけ、派遣されたのが母校の先輩、後輩の仲の軍人。互いに博物館への転用を目指したお陰で、こうして歴史を学ぶ私たちへの大きな贈り物になったのです。
 しかし、私が本当に驚いたのは全く正反対の展示です。敷地内に県内の民家が移設されたものです。以前倹約令が出された当時の造りは、小屋というべきほどの大きさで、ほとんど土間のまま、解説によると板の間を作るのは一間限り(それも2畳に満たない?)、という事でこれは家長にのみに許されたことだそうです。で女、子供は土間に藁を敷いて過ごしたとのこと。学生時代、柳田國男先生に教わったという恩師の「昔の若夫婦は藁の中で過ごしたものだ。」という言葉が鮮明によみがえりました。これほど過酷だったのか!という思いがこみ上げます。あまりにも地味な展示で見逃しそうですが来て良かった。との思いは残りました。新潟市内で見かけた木村伊兵衛の農婦のポスター写真を思い出します。(写真は100畳の部屋の廊下、この柱で支えられるのは驚き、クリックすると拡大写真になります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月26日 (土)

羊は安らかに草を食み(バッハ)子牛編

Pb260587_2
 最近よく行くコーヒーショップを見つけました。店の窓から牛が草を食むのがよく見えるのです。それでオーナーパティシエに「バッハの曲で子牛は安らかに草を食み、という曲をご存知?」と尋ねました。その次に訪問したときは逆に「あの曲なんと言う曲でした?」とこちらが尋ねられました。なんと、私が羊と子牛を間違えていたのです。お詫びに私がカーオーディオで楽しんでいるMDを差し上げました。(レオン・フライシャーのピアノ版)瓢箪から駒。この先運がよければ写真の光景を見ながら、おいしいカフェ・カプチーノ(ミルクは写真にあるジャージー牛からとったもの)をバッハの曲をバックに楽しめるかもしれません。これってささやかでも、とても贅沢だと思いません?実はコーヒーショップというのは私の早とちり、ミルクショップ知多農場というのが正解です。パティシエが仕事をしているのです。スイーツが評判なのです。店を出た後この2頭の牛に草をやるのがモウ一つの楽しみです。しかしよだれ対策はしたほうがいいです。喜んでいるのか思いっきり舐め返されます。カプチーノ1杯300円は嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

新潟(銀行跡・文化財)

Pb160576_2_2
 11月中旬に新潟に出かけました。この春ラ・フォル・ジュルネ新潟があったのです。きっといいロケーションがたくさんあるに違いない。という期待を持って出かけたのです。公共施設としてのホールは立派な専用ホールが大小ありました。さすがは大物政治家がかつて権勢を振るったところです。しかし私の興味は写真にあるような施設です。これは以前銀行の営業所だった所です。宵越しの金を持たない人に「金を預けなさい」というため資力を見せるために贅を尽くしたのですね。このように天井が高いとコンサートに使えそうです。お役人は「目的が違う」と目くじらを立てますが、楽しみ方を規制しては産業にならないのですね。写真のような建物は秋田、京都、函館にもありました。室内楽は本来このようなところで楽しんだほうが生活の質が上がるように思うのですが、、、、。
 市内で、アマチュアオケをつくります。奏者を募ります。というチラシを見ました。これだけ立派なホールに恵まれた市民ならば自前のオケを育てられると大いに期待しましょう。演奏会はどの会場で開こうか。贅沢な悩みが待ってます。山形、石川県には立派なプロのオケがあります。文化庁、厚労省、総務省などが競って補助金を出してつくった音楽ホール群のように見たといったら僻みでしょうか。新潟には魂を入れる責任があるというものです。
 一つ驚いたことは、空港からバスに乗って駅前で降りるとき、英語、中国語、韓国語に続いてロシア語が流れたことです。駅前でチラシを配っていた2人の外国人に翌朝「ドーブロエウートロ」(おはよう)と声をかけたらにっこりしていました。国際都市なのです。ロシア物なら新潟のオケで聴こう。のスローガンはいかがです?
(写真は新潟市歴史博物館に隣接する旧第4銀行の社屋、カウンターの奥はレストラン、手前は拝観スペース、200円でコーヒーをいただけます。入場無料)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月21日 (月)

荻野砂和子ソプラノリサイタル。

 11月19日見出しにあるリサイタルに出かけました。前日まで新潟に出かけていた都合で当日券を求めました。すると、開演15分前に入場してくださいということです。よくあるのは当日500円増しの入場料、今日のケースは当日とも3500円です。これは先に買い求めたお客様に優先着席をしてもらうためのようです。時間になって会場に入るとすでに8割以上が埋まっていました。という事で私は最前列に席を確保しました。4000円で早く入るがいいのか、3500円で間際に入るのがいいのか。ここは一考、参考になるやり方だと思います。そう、飛行機の運賃みたいなのはやめましょうということですね。というか折衷案のようなものです。そして開演時間には満席になりました。
 今回のプログラムはベンジャミン・ブリテンです。ピアノはいつものとおり山下勝に今回はハープの神谷朝子さんが加わりました。このハーピスト終始笑顔で魅力満点です。楽器を構えた瞬間、そう、音楽はいいよねっ!て。うなずいてしまいそうです。名前を覚えておいてください。
 23回目のリサイタルでしたが、特定のグループに属さないにも関わらず、毎回このように満席にする力があるのはさすがです。常日頃の精進に頭が下がります。若い人に是非学んで欲しいところです。会場は名古屋伏見、ザ・コンサートホール。
  聴けなかった方に歌詞を一つ紹介しておきます。
神様嫁さんをもらった!という曲です
 神様、嫁さんをもらった!
 これが一生の不覚、苦労の種。
 冷たい雨でも雪でも働かされる。
私は興味津々、しかし歌はあっという間に終わってしまった。何故って?それが知恵というものでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月11日 (金)

パピヨン(蝶々)

 Pb110573          パピヨン作品2と聞いてシューマンと作曲家の名が出てくるのは相当の通です。というわけでもないのですが、我が家のリビングに1匹の蝶々が止まりました。これは焼物です。実はこの蝶々、春先に行きつけのギャラリーで買い求めたのですが、こともあろうに私がその場で落として割ってしまったのです。それで、接着剤でくっつけるようにお願いしておいたのです、それから三ヶ月、私の手元に届いたのは焼き直した新品です。若い作家が同じものを作るため三ヶ月も費やしたのです。これには私も驚きました。その分の料金を用意したのですがギャラリーのオーナーは頑として受け取りません。まだ駆け出しの若い女性作家とギャラリーのオーナーの心意気に感じ入りました。造形美術品というのは時空を超えて見ず知らずの人がその作品を見て、いろいろな感想を持つものだ。ということを良くわきまえていると言う事だと思います。こういう人が将来伸びるのではないかしら。音楽はその点記憶に残るかどうかが勝負です。
 それで毎日目に付くところに展示した訳です。そしてシューマンのパピヨンを聴くことに。しかしこのピアノ曲、蝶々をイメージしたわけではなく文学作品からイメージしたそうです。何でも性格の違う双子の兄弟が一人の女性を愛してしまったという話のようです。
 でもそんなことは別にして私はこれを大切にしなければなりません。わずか数千円のものではあるけれど作家の心意気がこもっているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

弦楽器フェアに行きました。2011

 ここ数年お決まりの弦楽器フェアに出かけました。今年はフクシマの影響で外国からの出品が減るのではないかと心配していましたが、影響は思ったより少なかったようです。とはいっても邦人作家本人との会話で、受注に結構キャンセルもあったようです。震災が影を落としているのは間違いないようです。ユーロ安でEUのメーカーが元気か、というとそうでもなさそうでした。消費は低迷。
 イタリアの作家のブースには昨年カレンダーを送ってくれたF・ダラ・コスタがいました。カレンダーをありがとう。貼ってあったニーノ・ロータの生誕100年の記念切手は今年も開催されたヴィオラスペースの中でニーノ・ロータを弾いたプロフェッサーに差し上げたら大層喜ばれました。と報告。ここでも喜んでいただきました。で、私のコレクションから彼のVnの写真を見せてから記念写真を一枚。これからは毎年送りますよ。とは彼の弁。楽しみ方の一つです。
 毎回プロの演奏者がそれぞれの作家の作品を試奏するのがこのフェアの呼び物ですが、今年のVnは川畠成道さんだったのですが早くからホールの前の階段には行列が出来ました。彼の人気に改めて驚きました。その列を見て私は早々と降伏したのでした、が、しかしです、それを察したわけではないでしょうが、各展示ブースを回っては手にとって目の前で演奏をするのです、たちまち人だかり。彼の人気の秘密を垣間見たようです。社会派などと彼のハンデと結びつける向きもあるでしょうが、簡単に出来ることではありません。控えめだけれど、同じ目線で楽しみましょう。といわれているようで何か近さを感じる人だと思いました。
 もう一つ、最近の傾向として楽器製作を趣味として始める人が多くなったように思います。鉄女、カメラ女子、とか山ガールとか新語が現れます、数年も待たず。弦レディなんてことになると私などは素直に喜んでしまいますが。どうでしょう。
 毎年出品されるのを楽しみにしていたけれど今回は見られなかった人、残念だったけれど来年は見せてくださいね。とここで奮起をお願いしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »