« 早すぎるブラボー! | トップページ | 弦楽器フェアに行きました。2011 »

2011年10月31日 (月)

刈谷市民管弦楽団演奏会に出かけました。

 10月30日刈谷市民オケの演奏会に出かけました。マチネです。新しい総合文化センターの大ホールです。駅から濡れることなく受付に着きます。
曲目はモーツァルトの魔笛序曲、シューマンのピアノ協奏曲、交響曲第3番ラインです。
 プログラムを受け取り、早速目に入ったのが裏表紙の世界共通演奏会マナーというページです。会場に入ったら、予鈴が鳴ったら、演奏が始まったら、演奏が終わったら という具合に説明があります。市民オケのあり方に一つの見識だと思います。市民とともに成長する。という方向が見えて好ましいものだと思うのです。余談ですが20年以上前の話になるがニュ-ヨークへ行ったとき、ホテルで観光案内を見るとコンサートの案内の中にエチケットという欄があって、首を振ってリズムを取るのはやめましょう。とあった。曰く、演奏家は充分練習しているので貴方の手伝いは要りませんよ。というようなことだった。スマートですね。
 本題に戻って、当日のピアノ協奏曲のソリストは20年前にこのオケを聴いて協演を夢見た少女なのです。地方の活動として王道を歩んでいます。
 演奏ですが今夏の節電騒動の中変則勤務のため練習がとてもタイトだったとプログラムでエクスキューズがありました。確かに私には推進力が弱いなと思うところがありましたが、これはどこに由来するのだろうと考えてしまいました。それは指揮者(秋元宏康)の癖なのか指揮棒が打点で止まるのです。裏拍で入る人は辛いかな?とも、若くて立派なキャリアがあるので「?」のままです。ピアノのソリスト(木下恵理)ははやたら大きな音量を求めることなく正確に弾くことに集中していたようです。ただロマン派の曲はもう少し指に力が欲しいように思われます。演奏家を目指すなら間違えてもダイエットなどという言葉にだまされないように。力がないとピアニシモは弾けないのです。
 練習のことはさておいて安定した演奏で楽しめたのは事実です。
刈谷市は車の街です。このホールは東フィル、名フィルなどを聴ける貴重なホールですがそれは文化の消費地で、生産地になるには市民オケのたゆまない努力が欠かせないのです。
 豊橋の老舗オケ、豊田の最強の体制ジュニアオケ、そしてこの刈谷オケ。地方の牽引車です。
 

|

« 早すぎるブラボー! | トップページ | 弦楽器フェアに行きました。2011 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311128/42770669

この記事へのトラックバック一覧です: 刈谷市民管弦楽団演奏会に出かけました。:

« 早すぎるブラボー! | トップページ | 弦楽器フェアに行きました。2011 »