« 竹澤恭子リサイタル 聴いてきました | トップページ | 2011年の日程です »

2011年2月20日 (日)

協奏曲のソリスト

 ご承知のとおり協奏曲の夕を音楽祭の最終日に用意しています。それでソリストを推薦していただけないかと声をかけるのですが、これが難しいのです。中学生、高校生が希望なのですが、コンクールの入賞暦のある小学生や高校生などの推薦をいただくのです。
 しかし、これは私たちの目的ではないのです、コンクールに名を残す人はやがて協奏曲のソリストを務めるチャンスがきっとあるのです。私が望むのは、まじめに練習して、○年後にはバッハのドッペを弾くのだ。という目標を示すことなのです、先生がそれを励みにして教えることなのです。それをハレの舞台に乗せることで音楽がいっそう好きになること。地域で応援すること。それが継続されて始めて文化豊かな地域となるのではないか?ということです。
 もし、中学前でその気になったら、今から目標をもって練習してください。
 チャレンジを待っています。

|

« 竹澤恭子リサイタル 聴いてきました | トップページ | 2011年の日程です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311128/38948982

この記事へのトラックバック一覧です: 協奏曲のソリスト:

« 竹澤恭子リサイタル 聴いてきました | トップページ | 2011年の日程です »