« 小森絹子ヴァイオリンリサイタル | トップページ | 11年プログラム (その1)弦楽四重奏 »

2011年2月28日 (月)

愛知県芸 弦楽器学生による室内楽の夕べ

 27日名古屋の宗次ホールで開かれたので出かけました。昨年のアンサンブルフェスタに出たグループも複数出ました。内心(同じ曲をいつまでやってんの?)と少々不満を持ちつつ聴いたのですが。ヤヤッ!確実に上達したな。と感じました。演奏時間が限られるので事前に学内で選抜されたようです。相撲の取り組みのように、後になるにつれ演奏の技量も上がってきます。学齢にしたがって何を年毎に獲得しているのかが分かってとても面白く聴く事ができました。
 始めは音取りに必死で勢い大きな音量になります。次に音が汚れながらも合わせよう合わせようとする意思が伝わります。そして熱演の領域に入ります。この段階になると私などは「おい、マラソンなら15キロでつぶれちゃうぞ」とはらはらするのです。そして熟練に近づくと耳は2ツ口は1ツだったね、ときて、会話が始まります、音楽になるのです。
 カルテットの秘訣教えます。自分のピアニッシモを3人がどこまで聴きとってくれるか。この信頼感がアンサンブルなのです。
 演奏が全部終了した後、私の後方にいた上品なオバサマがやってきて「一日熱心に聴いていただきありがとうございました。と声をかけられました」そういえば私、ブラーバ!と声を出していました。「いえいえ楽しかったですよ。」と、しばらく歓談。別れ際に頂いた名刺は”百武由紀”あのビオラの巨匠、県芸で教鞭をとっていたんだ!これってすごい予感。 (先生は5・31しらかわホール。ビオラスペースでニーノ・ロータを弾きます) しまったダラ・コスタから届いたカレンダーに貼ってあった切手(ニーノ・ロータ今年生誕100年)取っておけばよかった。
 

|

« 小森絹子ヴァイオリンリサイタル | トップページ | 11年プログラム (その1)弦楽四重奏 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311128/39049812

この記事へのトラックバック一覧です: 愛知県芸 弦楽器学生による室内楽の夕べ:

« 小森絹子ヴァイオリンリサイタル | トップページ | 11年プログラム (その1)弦楽四重奏 »