« 鳴門のベートーヴェン(ドイツ館) | トップページ | 謹賀新年 ごあいさつ »

2010年12月12日 (日)

鳴門のベートーヴェン(バルトの庭)

Pc090480

 坂東の旅はドイツ館の次にめがね橋を見て、野営地跡を経て”バルトの庭”で仕上げです。ここは協力金の名で400円を納めます。しかし、これはコーヒー券になっていてガイドさんと一緒に楽しめるのです。映画のセットを移築したものでスタッフはまだ慣れないところもありました。でもやる気は満々。ガイドさんの説明でラーゲリという言葉が出てきたのには驚きました。以前「ラーゲリから来た手紙」(逸見ジュン著)を読んだとき、これは完全にロシア語だと思っていました。でもLAGERと場内に表記されていました。意味はねぐら、野営地との意味でロシア的な意味はやや薄いようですがドイツ語でもあったのです。(帰宅後辞書を牽きました)
 この施設は映画からスタートしましたが、この先坂東の現代史研究機関として資料蒐集に励むなら、きっと大きな成果をもたらすものと思います。90年前の食事、ハムのレシピを見つけたなら、土地の名産品蓮根をドイツ兵がどのように料理したか。興味は尽きません。彼女たちがその成果を見せられるとき、写真にあるKantine(カンチーネ・従業員食堂、売店)は立派な研究機関、アンテナショップになるでしょう。収容所でのドイツ兵は立派なビジネスマンだったのだ。
 阿波踊りが1年を通じて集客できるのか私には判らない。阿波おどり空港に「?」です。仙台が七夕空港にしないのはそれだけの理由があると思うのです。だから私は”バルトの庭”のスタッフの可能性にエールを送りたいのです。  
 
 

|

« 鳴門のベートーヴェン(ドイツ館) | トップページ | 謹賀新年 ごあいさつ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311128/38055277

この記事へのトラックバック一覧です: 鳴門のベートーヴェン(バルトの庭):

« 鳴門のベートーヴェン(ドイツ館) | トップページ | 謹賀新年 ごあいさつ »