« 最近の廉価版CDはすごい! | トップページ | 2010武豊春の音楽祭、出演辞退 »

2010年10月25日 (月)

楽器のこと(カルテットその1)

 我が家に居候しているカルテットです。製作者は埼玉県在住の平塚謙一氏です。私のコレクションとしては4組目のものになります。イタリア産もいいけれど武満徹の作品は日本人の手によるセットがふさわしいとの思いで製作を依頼しました。今では私のお気に入りで、友人を招いては狂っています。それで2組目のセットを注文してしまいました。ついでに2本のヴァイオリンも!私はいま平塚氏にはまってます。以前イタリアはパルマにレナト・スコラベッツァのアトリエを訪問した折、イ・ムジチのために製作したというセットを見せ付けられました。これはすごい!Vn6本Va2本Vc2本Cb1本です。
 ということで、平塚氏に依頼したのです。私の場合イ・ムジチの為でなく、このはな合奏団の為です。2×4TETT+2Vnです。おそらく来年のこのはな音楽祭にはデヴューするのではないかな?楽しみです。わくわくします。平塚謙一。知らない方で興味ある方は11月の弦楽器フェアにお出かけください。

Pc060276

|

« 最近の廉価版CDはすごい! | トップページ | 2010武豊春の音楽祭、出演辞退 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311128/37387868

この記事へのトラックバック一覧です: 楽器のこと(カルテットその1):

« 最近の廉価版CDはすごい! | トップページ | 2010武豊春の音楽祭、出演辞退 »