« 石垣島 海の色 | トップページ | セントラル愛知交響楽団弦楽四重奏団 »

2010年1月24日 (日)

石垣島 牛は安らかに草を食み

P1200320

 石垣牛はご当地でも有名で、どのレストランでも勧められました。でも私の興味は”牛は安らかに草を食み”の景色です。この牛を羊に置き換えられる方は相当なバッハ・ファンです。   実は昨年12月4日深夜NHK教育テレビでレオン・フライシャーのピアノリサイタルの様子が放送されました。そのときのプログラムの最初がこの曲だったのです。彼は20代でベートーヴェンのピアノ協奏曲全集をG・セル/クリーブランドOと録音し、大阪万博の時期に大いに脚光を浴びたのです。しかし、セルが来日後亡くなってしまい、また彼もその前から右手の難病を患う事になり私の記憶から消し去られてしまった。しかし近年復活したというニュースは、ああ良かったという程度だった。過去に牢獄生活を経験した、国籍を無くした、アル中を克服したなどという演奏家もいて、そちらの話は関心が無かったのです。しかし、フライシャーは違っていた。私でも弾けるのではないかしら?というような前記の曲を真面目に弾いていた。音は透明で、名状しがたい美しさをもって迫る、その静けさ。やはり私にとって忘れられない曲になりました。(演奏に関しての優れたブログがありますのでそちらも是非ご覧ください。レオン・フライシャーでヒットします)

それで牛を見ながらこの曲を思い出していたのです。いつかこの曲をこのはな音楽祭で取り上げてみたいと強く思うのです。そのときの景色は、鷺は安らかに餌を食み、でしょうか。夕暮れ前のひと時を楽しみに。

|

« 石垣島 海の色 | トップページ | セントラル愛知交響楽団弦楽四重奏団 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311128/33111015

この記事へのトラックバック一覧です: 石垣島 牛は安らかに草を食み:

« 石垣島 海の色 | トップページ | セントラル愛知交響楽団弦楽四重奏団 »