« ワルシャワからの年賀状 | トップページ | 石垣島 牛は安らかに草を食み »

2010年1月23日 (土)

石垣島 海の色

P1230329_2

 このはな音楽祭は夕焼けが舞台装置の一部と考えています。それで石垣島に出掛けました。海が美しい竹富島の西海岸を訪ねたのですが夕焼けの時間には石垣島に帰る船がなくなるので夕日鑑賞は断念。その代わり海をモチーフにしたミンサー織を買いました。ランチョンマットに使えます。これぐらい海の表情を抽象化というか単純化すると、見る人の感じ方で幾とおりにも楽しめます。抽象化は普遍化を呼び起こすのではないでしょうか。音楽が抽象そのものであることも教えてくれるのではないでしょうか。私はこの織物に営々と語り継がれてきた自然とのやり取りの時間を思うのです。

このはな音楽祭はいつも赤い夕焼けが楽しめる保障はありません。でも確実に夜の帳(とばり)は降りるのです。

|

« ワルシャワからの年賀状 | トップページ | 石垣島 牛は安らかに草を食み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

楽しんでますねえ。
冬の沖縄なんて、なんと贅沢。
心もミンサー織の色になってしまいますね。
あの青色と夕日のオレンジ色が溶け合うと、表現しようのない美しさでしょうね。

投稿: ゆうこママ | 2010年1月28日 (木) 22時54分

石垣島は行ったことはありませんが、海が綺麗なところでしょうね。

投稿: yoji | 2010年2月 9日 (火) 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1311128/33101042

この記事へのトラックバック一覧です: 石垣島 海の色:

« ワルシャワからの年賀状 | トップページ | 石垣島 牛は安らかに草を食み »